マリエカイチョコレートのお話

ハワイ稀少カカオのお話

ハワイはアメリカ全州の中でも、唯一カカオを栽培できる州です。1850年頃には、ハワイにカカオの木が植え始められましたが、商業的な規模に成長したのはごく最近の事です。

 

オアフ島ノースショアには、ハワイでも最大規模のカカオ農園が開かれました。サーフィンで有名はノースショアですが、ノースショアのワイアルア地区は、ハワイ島など他のロケーションと比べ、風も少なく、気温も安定しておりカカオの栽培に最も適しています。

 

最大規模と言っても、年間の収穫量は18000パウンドほど。世界のカカオ農業地域と比べると、ほんの僅かしか手に入りません。そんなことから世界でも最も稀少なカカオとも呼ばれています。

 

マリエカイチョコレートでは、ハワイで成長しているカカオ農業の中でも、一貫した最高品質を持ったこのノースショア産カカオを使用しています。
ダークチョコレートでは、ノースショア産カカオ特有のレーズンのようなフルーティさを、ミルクチョコレートではコクのある滑らかな食感をお楽しみいただけます。

マリエカイチョコレートのお話

マリエカイチョコレートは、2004年に創業しました。バックパッカーとして15歳の時から世界80カ国以上の秘境を旅してきた私に取って、ハワイというのは”観光客ばかりのつまらない場所”だと思っていたのです。しかし、ハワイに越した友達を訪ねて訪れてみると、世界どの地域とも違ったその豊かな自然、文化、そして人々の優しい笑顔にすっかり魅了され、遂には20年以上慣れ親しんだカリフォルニアのベイエリアから引っ越してしまったのです。

 

雄大な自然の中で育ったハワイ産カカオを使ったチョコレート会社を始めたのは自然のなり行きでした。マリエカイチョコレートはハワイの自然を尊敬し、その大地が育てる優しいもの、自然に近いものを使用するのがミッションです。駆虫剤などを使わずに育てられたノースショア産カカオを使ったチョコレートもその一つです。

 

ハワイ語で、マリエカイは、”穏やかな海”を意味します。私たちの地産自消、環境にも優しいチョコレートを食べて、皆さんがハワイの海のような穏やかで優しい気持ちになってくれたら、という思いから名付けました。そんな私の想いが詰まったチョコレートを少しでもたくさんの皆さんにシェアできたら私の幸せです。

 

ネイサン サトウ
マリエカイチョコレート代表

商品はこちらから

お店の場所(住所)

ロイヤルハワイアンセンター C館1F

営業時間

10AM-10PM (年中無休)

電話番号

+1 (808) 922-9090

Eメール

info@maliekai.com